肩こり

肩こりになる10原因

肩こりの原因は多種多様。ストレスから来ていたり、まったく別の病気が引き起こしていたり。しかし多くの場合、姿勢の悪さや眼精疲労が原因であることがほとんどです。

特にデスクワーカーは、一日中座りっぱなしという人が多いのでは? 楽なはずの座った姿勢ですが、特にパソコンを使った作業をしていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなり、肩こりを引き寄せてしまっているのかもしれません。モニターを見ようと首が前に出てしまい、さらに猫背気味に……。さらに、椅子の高さが自分の身長やデスクの高さに合っていなければ、姿勢はいっそう悪くなってしまうでしょう。少しの時間であればまだしも、仕事となれば一日の大半の時間をこの不自然な姿勢で過ごすはず。結果的に、重い頭部を支えなければならない首や肩の筋肉には、相当な負担がかかってしまいます。

さらに特殊なケースとして、妊婦は肩こりを甘く見るべきではありません。自分の体重以外に胎児の重さも加わるので、妊娠前は姿勢が良かったとしても、それを維持するのは困難です。動きづらくなるため運動量が減り、運動不足に陥りやすいのも肩こりになりやすい要因でしょう。

 

肩こりの予防法

姿勢が原因であることの多い肩こりは、予防が困難。自分自身が「姿勢を良くしよう」という意識をつねに持っていなければ、正しい姿勢を維持できません。立っているときも歩いているときも座っているときも、いつも背筋をピンと伸ばす。座っているときはなるべく足を組まない。デスクワークなどで長時間同じ姿勢を強いられるときは、意識して体を動かす。こうした意識を、いつでも頭の片隅に置いておきましょう。デスクに付箋などで貼っておいてもいいかもしれませんね。
とにかく、日頃酷使しがちな首・肩周りの筋肉になるべく負担をかけないように気をつけてください。

 

整体での施術方法

首や肩をマッサージしてもらうと、確かにコリがほぐれて身が軽くなったような気持になれますよね。けれども、これは一時的なその場しのぎにすぎません。時間が経てばまたコリがぶり返すので、根本的な解決にはならないのです。

整体院に相談すれば、まずは一番の要因である姿勢の悪さを改善してくれます。ゆがんでしまった背骨を矯正し、ゆるやかな美しいS字カーブを取り戻せれば、すぐにぶり返す首周辺のだるさと決別できるかもしれません。